シミ化粧品 > シミ化粧品~シミが発生するしくみ~

知っておきたいシミのメカニズム

シミ化粧品~シミが発生するしくみ~

白く悩みのない素肌に憧れを持つ女性にとって、シミやシワ・ニキビなどの肌トラブルを引き起こし、また日焼けに寄って素肌を黒くしてしまう日焼けや紫外線は天敵であると言っても過言ではないでしょう。

日傘や帽子、日焼け止めクリームや美白化粧品など、様々な手段で紫外線からの影響を受けないようケアしている方も少なくはありません。

ところが、そこまで紫外線に対して嫌悪を感じているのにも関わらず、「どうして日に焼けると黒くなるの?」と聞かれてすんなりと答える事の出来る方がどれほど存在しているのでしょうか?紫外線を受ける事で、私たちの素肌はどのようにダメージを受けているのか・・・きちんと理解しておきましょう。

紫外線からのダメージが肌に届く事で、まず最初におこるのは血管の拡張です。海水浴やアウトドアに出かけ、帰り道に顔や腕・背中が赤くなっている事がありますね。この現象こそが、紫外線による影響の第一波なのです。その後、私たちの素肌はメラニンと呼ばれる色素細胞を生成します。

「メラニン」といえば、お肌を黒く変えてしまう美容の天敵ですね。赤くなっていた素肌はメラニンの発生により、黒く焼けた状態に変わってしまうのです。美容の天敵であるメラニンですが、実は害悪な存在ではありません。

メラニンは、更なる紫外線ダメージから、その下の皮膚を守る為に作られているのです。もちろん、いくら紫外線からのダメージから守ってくれているとはいえ、そもそも紫外線に晒されなければ良いだけの話です。日焼けやシミを食い止める為にも、紫外線対策はしっかり行って下さい。
マキアレイベル

実は、紫外線によって素肌が赤くなったり褐色に変わったりするこの一連の症状は日光皮膚炎と呼ばれるやけどの一種です。体質によって赤くなる方、すぐに黒くなる方など様々ですが、どちらも日光によって低温火傷を起こしてしまった状態だと言う事なのです。

さらに強烈な日光にさらされ、紫外線からのダメージを大量に受けてしまった場合、私たちの素肌ではメラニンが過剰に作られます。ターンオーバーが正常に働かなかった場合、お肌にシミとなって姿を現すのです。

シミの原因「紫外線」

「シミ」のない美肌になるためには、「シミ」を作る原因を理解する事がポイントです。 たとえ小手先のケアで「シミ」を薄くする事が出来たとしても、「シミ」を作るもととなる 原因を解決しないでいれば再度新たな「シミ」が出来てしまいますね。

出来てしまった「シミ」への対処かもちろん大切はスキンケアですが、 そもそも「シミを作らない」予防を行う事は対処以上に重要なポイントです。 あなたが悩んでいる「シミ」の原因は一体何なのでしょう?

数ある「シミ」を作り出す原因から、「私のシミは、これかも…」と 「シミ」解決の糸口を見つけて頂ければ幸いです。 「シミ」を作る主な原因と言えば、やはり紫外線のイメージが強いのではないでしょうか。

現に、「シミ」の80パーセントは紫外線によるダメージから生み出されていると言われています。 紫外線を浴びることで、私たちの皮膚は「メラニン」を分泌させます。 過度に生み出されたメラニン色素は美白の天敵である「シミ」を作り、多くの女性達を悩ませます。

紫外線のダメージから素肌を守るためには、当然ですがやはり 日焼け止めクリームや日傘、帽子などの紫外線対策が重要といえるでしょう。 リゾートやアウトドアに出かける際はもちろんですが、 日常生活でも絶えず紫外線が降り注いでいる事を忘れないで下さい。

毎日の生活で蓄積された素肌のダメージは、いつか「シミ」となって姿を現します。 「シミ」を防ぐスキンケアは、日々の積み重ねで効果を得る事が出来る地道な作業なのです。

また、紫外線は夏場以外でも通年存在している事はもはや常識ですね。 気温が下がると怠りがちになってしまう紫外線への対策ですが、 外出時には必ず何らかの対策が必要である事を知っておいて下さい。

紫外線対策では、「すでに出来てしまったシミ」を消す事はできません。 しかし、「これから出来るであろうシミ」を食い止める効果は大いにあります。 また、紫外線は「シミ」に限らず様々な肌トラブルの原因となります。 美しい素肌を手に入れたいのであれば、念入りな紫外線対策は不可欠でしょう。

美白・シミ「クマの原因と対策」

美白を意識したスキンケアに熱心な方は、「シミ」や「シワ」、「くすみ」など 様々な肌トラブルの対策・予防を行っているでしょう。 「シミ」さえ解決できれば美白が手に入る訳ではありませんからね。 どんなトラブルも美しい肌の妨げになってしまいますが、中でも 疲れたイメージを与えてしまう「クマ」にお悩みの方も多いでしょう。

目元のトラブルは、顔全体の印象を大きく左右します。 トラブルの無い目元で、健康的な印象の素肌を手に入れたい物ですね。 とはいえ、「シミ」や「肝斑」などとは姿も原因も異なる「クマ」は 予防や対策に関する知識があまり知られておらず、なんとなく「寝不足でなるんでしょ?」と イメージのみでケアしている方も少なくないのではないかと思います。

「クマ」は基礎化粧品で解決できるものでもありませんので、「お手上げ」状態に 陥ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「クマ」を薄くしたいのであれば、まずは「なぜクマが出来るのか」を知る事が重要です。 まずはここで、「クマの原因」をきちんと理解しておきましょう。

一つ目の原因として挙げられるのは、意外にも「紫外線」です。 紫外線はその他の肌トラブルの原因にもなるスキンケアの天敵ですね。 紫外線による色素沈着で「クマ」を作ってしまうケースもありますので、 まずは万全な紫外線対策が「クマ」予防の第一歩と言えるでしょう。

そして二つ目が「血行」です。血液の流れがスムーズでないと、皮膚のうすい目元の下の 毛細血管・浅部静脈に滞っている血液の黒ずみが透けて見え、「クマ」となってしまうのです。 血行を促進する事が「クマ」対策となるのですが、この方法には様々な方法があります。

分かりやすい方法はマッサージですね。ホットタオルで目元を暖めるのも効果的でしょう。 また女性特有の「冷え性」の解決が血行促進にも繋がります。 「クマ」は、しっかり寝れば消えてなくなるのもではありません。 紫外線対策・血行促進、この二つのアプローチで、透明感のある目元を目指しましょう。