シミ化粧品 > シミ化粧品~シミが発生するしくみ~

知っておきたいシミのメカニズム

シミ化粧品~シミが発生するしくみ~

白く悩みのない素肌に憧れを持つ女性にとって、シミやシワ・ニキビなどの肌トラブルを引き起こし、また日焼けに寄って素肌を黒くしてしまう日焼けや紫外線は天敵であると言っても過言ではないでしょう。

日傘や帽子、日焼け止めクリームなど、様々な手段で紫外線からの影響を受けないようケアしている方も少なくはありません。

ところが、そこまで紫外線に対して嫌悪を感じているのにも関わらず、「どうして日に焼けると黒くなるの?」と聞かれてすんなりと答える事の出来る方がどれほど存在しているのでしょうか?紫外線を受ける事で、私たちの素肌はどのようにダメージを受けているのか・・・きちんと理解しておきましょう。

紫外線からのダメージが肌に届く事で、まず最初におこるのは血管の拡張です。海水浴やアウトドアに出かけ、帰り道に顔や腕・背中が赤くなっている事がありますね。この現象こそが、紫外線による影響の第一波なのです。その後、私たちの素肌はメラニンと呼ばれる色素細胞を生成します。

「メラニン」といえば、お肌を黒く変えてしまう美容の天敵ですね。赤くなっていた素肌はメラニンの発生により、黒く焼けた状態に変わってしまうのです。美容の天敵であるメラニンですが、実は害悪な存在ではありません。

メラニンは、更なる紫外線ダメージから、その下の皮膚を守る為に作られているのです。もちろん、いくら紫外線からのダメージから守ってくれているとはいえ、そもそも紫外線に晒されなければ良いだけの話です。日焼けやシミを食い止める為にも、紫外線対策はしっかり行って下さい。

実は、紫外線によって素肌が赤くなったり褐色に変わったりするこの一連の症状は日光皮膚炎と呼ばれるやけどの一種です。体質によって赤くなる方、すぐに黒くなる方など様々ですが、どちらも日光によって低温火傷を起こしてしまった状態だと言う事なのです。

さらに強烈な日光にさらされ、紫外線からのダメージを大量に受けてしまった場合、私たちの素肌ではメラニンが過剰に作られます。ターンオーバーが正常に働かなかった場合、お肌にシミとなって姿を現すのです。